看護師の退職理由とは

白衣の天使に憧れて、厳しい学生生活を乗り越え、医療の現場にデビューした看護師たち。
仕事への意欲に満ちあふれた新たな看護師が毎年生まれ、就職しています。
その数は少なくないはずなのに、なぜか日本国内は慢性的な看護師不足に悩まされています。
これはなぜなのでしょうか?

実は看護師で転職や退職を考えているという人は少なくありません。
看護師が退職を考える理由のランキングは

1位 結婚・出産、育児、介護など家庭の事情 18%
2位 スキルアップしたい 14%
3位 体調不良 9%
4位 転居 7%
5位 その他 4%
6位 仕事内容への不安・不満 3%
6位 休日や残業など労働環境への不満 3%
8位 給与や待遇への不満 2%
8位 いじめやパワハラなど人間関係 2%
10位 上司や経営者への不満 1%

という調査結果もあります。
しかし、実はこの退職理由はあくまで上司に伝えた退職理由で、本音の退職理由は別にあるという人も実は多いのです。

上司に言えなかった本当の退職理由のランキング調査では次のような結果が出ています。

1位 いじめやパワハラなど人間関係 19%
2位 休日や残業など労働環境の不満 9%
2位 上司や経営者への不満 9%
4位 給与や待遇への不満 7%
4位 仕事内容に関する不安や不満 7%
6位 病院の方針や経営状況 3%
6位 スキルアップ 3%
8位 昇進・評価への不満 2%
8位 体調不良 2%
10位 結婚・出産・介護など家庭の事情 1%
11位 その他 1%

実際に職場に申し出る退職理由と本音の退職理由には大きな違いがあることがわかります。
本音としては職場の人間関係や労働条件の不満が退職や転職につながっていることが多いのが、看護師の職場環境の現状です。

看護師という人の命を預かる責任ある仕事をするにあたっては、高いモチベーションも必要ですし、常に勉強を続ける向上心も必要です。
よりよい環境で働くことが看護師としてよりよい仕事をするためには必要なのです。

また医療現場はチームで仕事をすることが多い職場です。
チーム内に人間関係の不和があるということは仕事のクオリティーにも関わります。
気持ちよく働くことのできる職場の条件としてよい人間関係は必要不可欠です。

就職する段階ではわからない職場の実情というものがあることも少なくありません。
場合によっては退職したくてもその理由を直接上司に伝えるのが難しいこともあるかもしれません。
転職サイトなどのなかには、退職に関するトラブルについても相談にのってくれるサイトもあるので、そうしたサイトを利用してみるのもひとつの方法です。

参考サイト『xn--u9j4hybylq26nddyagw0b.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です